English 日本語

 

Japanese language version

株式会社レインボーリンク(以下「RL」といいます)でございます。ご覧いただき、ありがとうございます。 この利用規約(以下「本規約」といいます)は、『ウェブサイト改ざん監視サービス』をご利用になるお客様とRLとの契約になります。本規約の指す「お客様」 とは、 『ウェブサイト改ざん監視サービス』を使用する個人または法人 、各種組織、各種団体をいいます。 初版策定、施行 2014年10月3日

1.「ページデータ」の事前確認

お客様は、 本規約をご覧になったうえで、『ウェブサイト改ざん監視サービス』の初月月額基本料金をお振り込みください。お客様が『ウェブサイト改ざん監視サービス』の初月月額基本料金をお振込みになることにより、お客様は「本規約」 にご同意くださったもの(同意の意思表示をしたもの)とします。また、お客様が継続して『ウェブサイト改ざん監視サービス』をご利用になるために月額利用料金をお支払いになる場合、お客様は本規約の更新状態を確認し、支払いをもって更新部分を含む本規約のすべての項目・条件に同意の意思表示をしたものとします。お客様が「同意の意思表示をする」ということの法的な意味は、本規約の以下の条項および条件を承諾したことになるということです。本規約に同意し、『ウェブサイト改ざん監視サービス』をご利用になることを、「入会」といいます。

お客様が会社あるいは組織あるいはグループなど団体を代表して本規約に同意なさる場合、『ウェブサイト改ざん監視サービス』の使用に適用される条件について会社ないし組織ないしグループなど団体を代表して拘束力ある合意をする権限を有する者であることを表明したことになります。ご入会時にお客様がご登録になったメールアドレスによって、RLはお客様に『ウェブサイト改ざん監視サービス』のサービス内容の「メールアラート」を送信できるとともに、お客様と連絡がとれるものとします。

『ウェブサイト改ざん監視サービス』は、 RLが開発したソフトウェアを基盤として提供されるオンライン・サービスです(ただし、差分表示のデザイン(tableタグとCSS)は、Chris Boulton氏のデザインを採用しています。ソフトウェアは、RLが開発したものになりますが、特別な仕様ではなく、他社が作成したり提供している「差分表示ソフト」と大差ありません。お客様が差分ソフトをお持ちの場合は、それと同等の機能であるとお考えください。差分表示の例は、本サービスのご案内ページのスクリーンショットをご覧ください)。お客様は、オンライン経由で『ウェブサイト改ざん監視サービス』を利用するものとします。『ウェブサイト改ざん監視サービス』の「ページデータ」は、RLが、お客様のお申し込みを受けて、ご入会直前に作成いたします。「ページデータ」は、差分を取るための「元となるページ」のことです。お客様は、この「ページデータ」を確認後に、ご入会になるものとします。 確認後、ご入会をキャンセルすることもできます。ご入会後、お客様の「変更の状態レポート」を格納するRLのサーバーのスペースのことを、以下、「アカウント」といいます。

お客様の「アカウント」には、お客様の『ウェブサイト改ざん監視サービス』の「変更の状態レポート」が格納されています。「変更の状態レポート」を閲覧するためのツールを、本『ウェブサイト改ざん監視サービス』では、『「変更の状態レポート」閲覧パネル』といいます。

RLは、RLが開発してサービスとして提供しているソフトウェアをお客様にご利用いただくため、『レインボーリンク・コントロールパネル』というオンラインツールを提供していますが、本『ウェブサイト改ざん監視サービス』の『「変更の状態レポート」閲覧パネル』は、『レインボーリンク・コントロールパネル』ではございません。なぜなら、本『ウェブサイト改ざん監視サービス』の「変更の状態レポート」は、もともとオンラインで公開されていた情報を編集したものにすぎないため、お客様の営業活動情報を格納する『レインボーリンク・コントロールパネル』と同様の保守サービスが必要ないからです。

2.プライバシーについて

RL のプライバシーポリシーは、 http://jp.rainbow-link.com/privacy.htm にてご確認ください。RLは、第三者認証機関による暗号化通信と、独自認証局による暗号化通信とをご提供しています。第三者認証機関によるSSLは、https://RL.Rainbow-Link.com/ です。その他のSSLは、独自認証局による独自SSLです。RLのホームページのフッターバーに設置している「ログイン」ボタンは、一律、第三者認証SSLのログインページ (https://RL.Rainbow-Link.com/)へのリンクになっています。RLは、本『ウェブサイト改ざん監視サービス』の『「変更の状態レポート」閲覧パネル』は、第三者認証機関によるSSLでのみ提供し、独自認証局による独自SSLでは提供しないものとします。

お客様は、ご入会によって、RLからの「ご案内メール」を必ず受信するものとします。

3.RLの責任

RL は、電気通信事業者法の「電気通信事業者」に該当します。RLは、RLが開発したソフトウェアを格納するサーバーならびにルーターならびにファイアーウォール機を、RL内部で設計構築いたしております。また、RLは、RLのサーバーを、RL独自のデータセンターに設置しております。「RL独自のデータセンター」とは、 RLのサービスを提供するための専用LANのみで構成された、RL以外のLANはデータセンター内に設置しない、RL社員しか入ることのできないサーバーを安置する施設のことをいいます。RLは、電気通信事業法に則り、お客様よりRLサーバーにお預かりした情報を、技術的ならびに人的に適切な管理を行い、『ウェブサイト改ざん監視サービス』を提供するため、本規約(契約)内で利用するものとします。RLは、お客様が『ウェブサイト改ざん監視サービス』をご利用になった統計情報を、第三者に開示しないものとします。

(2-1)サーバー格納情報の保守技術の説明とそれに関するRLの責任について 

RLのサーバー内のお客様の「アカウント」には、お客様の『ウェブサイト改ざん監視サービス』の「変更の状態レポート」が格納されています。「変更の状態レポート」を閲覧するためのツールを、本『ウェブサイト改ざん監視サービス』では、『「変更の状態レポート」閲覧パネル』といいます。

RLは、RLが開発してサービスとして提供しているソフトウェアをお客様にご利用いただくため、『レインボーリンク・コントロールパネル』というオンラインツールを提供していますが、本『ウェブサイト改ざん監視サービス』の『「変更の状態レポート」閲覧パネル』は、『レインボーリンク・コントロールパネル』ではございません。なぜなら、本『ウェブサイト改ざん監視サービス』の「変更の状態レポート」は、もともとオンラインで公開されていた情報を編集したものにすぎないため、お客様の営業活動情報を格納する『レインボーリンク・コントロールパネル』と同様の保守サービスが必要ないからです ( お申し込み時にご登録いただく「お客様の所在地、電話番号、会社名、担当者名」は、お客様の「アカウント」とは別の場所(RL自身の『レインボーリンク・コントロールパネル』内)に保管されています )。

しかしながら、RLは、お客様の安全なログインのため、メールアラートを送信するたびに、毎回新しい 『ウェブサイト改ざん監視サービス』の「変更の状態レポート」を閲覧するためのパスワードを発行するものとします。『レインボーリンク・コントロールパネル』の「二重施錠サービス」のワンタイム・パスワードは、1度利用すると二度と使えないワンタイム・パスワードですが、『「変更の状態レポート」閲覧パネル』のワンタイム・パスワードは、「当該レポートを読むために1度だけ発行されるパスワード」ではあるものの、時間による失効はしないものとします。お客様は、『「変更の状態レポート」閲覧パネル』のワンタイム・パスワードを、該当のレポートを読むために、以後何度でも使えるものとします。

更に、RLは、お客様がご希望の場合、『「変更の状態レポート」閲覧パネル』にログインできるIPアドレスまたはホストネームを一つに限定することするものとします。限定する作業は、無料とします。

このように、RLはセキュリティに万全を期しておりますが、RLは、 お客様の通信ないしはデータへの無断アクセスや改変行為について、責任を負わないものとします。 同様に、RLは、お客様のアカウントに送信された情報やお客様がお客様のアカウント内に受信された情報について責任を負わないものとします。また、RLは、 アカウントに格納されたデータの正確性や品質、 合法性、 信頼性、 著作権については、RLは関知せず、また、一切の責任を負わないものとします。

(2-2)人的な管理について 

RL は、お客様の『「変更の状態レポート」閲覧パネル』へのパスワードを平文で取得せず、また、平文で保管しないものとします。RL社員は、インターネット経由でお客様の『「変更の状態レポート」閲覧パネル』にログインしないものとします。また、RLの社員は、お客様に電話やメールやスカイプや郵便やクロネコメール便等の通信手段を使ってお客様のワンタイムパスワードをお尋ねしないものとします。さらに、RLは、ワンタイムパスワードの再発行を、お電話やスカイプなどの音声通話にて行うことはしないものとします。

4.お客様の責任

お客様が『ウェブサイト改ざん監視サービス』をご利用になるすべての利用について、お客様は、全世界の法律に従うものとし、お客様はその全責任を負うものとします。 お客様は、 パスワードないしアカウントの無断使用や不正なアクセスを発見した場合またはその疑いがある場合には、 直ちにRLに連絡するものとします。 また、RLの著作権を侵害する行為ないしそのおそれがある行為を発見した場合は、 直ちにそれらの行為を中止させる義務を負うものとします。また、お客様は、入会時に登録したお客様ご本人の情報に変更が生じた場合は、次の月額料金支払い期限までにRLに届けるものとします。

お客様は、アカウントに、プロバイダが発行するグローバルIPアドレスでアクセスするものとします。 『ウェブサイト改ざん監視サービス』のシステムは、お客様の接続元を自動的に探知しています。『ウェブサイト改ざん監視サービス』のシステムがお客様の接続元を特定できなかった場合、お客様は、アカウントに正常にアクセスできない場合があります。

5.財産権について

本条件で許諾されたライセンスを除いて、『ウェブサイト改ざん監視サービス』および本コンテンツ(Rainbow-Link.com上でRL名をもって提供されるあらゆるコンテンツ)に関する権利、権原、利益は、お客様には一切付与されないものとします。RLは、『ウェブサイト改ざん監視サービス』およびRainbow-Link.com上でRL名において提供されるあらゆるコンテンツに関する著作権その他の知的財産権を含む全財産権を保持します。RLの財産を利用することをご希望になる場合は、https://RL.Rainbow-Link.com/CONTACT.htm の「財産権について」よりご連絡ください。RLがRLの財産の利用を許可する場合は、財産の利用を許可する相手を明示したうえで、明示的な文書(契約の相手方とRLとが各一通保有するタイプの紙に印刷した形式の契約書)をもってします。また、財産の利用を許可した相手については、名称と許諾範囲について、「会社案内」に明記します。

6.料金と支払方法

初回のお支払いについて

お客様のお申し込み後、RLは、差分をとる基礎となる「元データ」を作成するものとします。お客様は、その「元データ」を確認してから、料金を支払うものとします。

▼利用開始までの流れ

(1)お申し込み → (2)「ページデータ作成」 → (3)お振込み  → (4)利用開始

お支払いは、クレジットカード、デビットカード、銀行振込みからご選択ください。

二度目以降のお支払いについて

お客様は、ご自分の責任において、お支払い期限内に、料金を支払うものとします。料金支払い手続きは、当社のショッピングカタログ上にて可能です。(※お申込み時は申し込みボタンをご利用ください)。料金は、数ヵ月分をまとめてお支払いになれます。

「お支払い期限」について説明いたします。まず、『ウェブサイト改ざん監視サービス』の初月料金振込み確認日を契約開始日とし、次に、契約期間中の毎月の契約開始日と同じ日から翌月の契約開始日の前日までの1ヶ月間を「課金対象期間」とします。したがって、「お支払い期限」は、翌月の契約開始日の前日ということになります。

お客様は、『ウェブサイト改ざん監視サービス』の利用料金を、銀行振込みなどRLが定め、http://jp.rainbow-link.com/informations.htmに提示する方法で支払うものとします。RLは、一旦受領した利用料金をお客様に返還しないものとします。

課金期間

( 6-0)通常の一ヶ月の課金期間は、RLがお振込を確認した日から、翌月の同日までの一ヶ月になります。

( 6-1)事前の通知なく、突然RLがサーバーメンテナンスを実施した場合、RLは、3時間につき1日、無料で利用時間を延長するものとします。

7.未払いと契約の解除

RL は、お客様から期限内にご利用料金を支払いいただけない場合は、お客様のアカウントを停止します。お客様が退会の意思表示をなさらない限りRLはお客様のアカウントを抹消いたしません。ただし、お客様からお支払いいただけないまま6ヶ月を経過した場合、RLは、本規約に基づく契約を解除することができるものとします。また、RLは、お客様の「変更状態のレポート」を削除できるものとします。

8.禁止行為

お客様は以下に述べる目的で『ウェブサイト改ざん監視サービス』を使用しないものとします。

(1)違法、法律に反するおそれのある行為、他人の権利を侵害する行為

(2)他の『ウェブサイト改ざん監視サービス』ユーザーが『ウェブサイト改ざん監視サービス』を利用することを妨害する行為

(3)『ウェブサイト改ざん監視サービス』に損害を与える行為

(4)RLが『ウェブサイト改ざん監視サービス』ユーザーに『ウェブサイト改ざん監視サービス』を提供することを妨害する行為

9.退会

お客様は、ご自分の意思で、RLの連絡フォームを利用して、いつでも、理由の如何にかかわらず、退会することができるものとします。お客様の退会時におけるデータのダウンロードや印刷はお客様自身の責任と労働によって行うものとし、RLはお客様の退会におけるデータの取得には関知せず、一切の責任を負わないものとします。お客様は、退会後、新しいアドレスまたは同じアドレスで再入会することができるものとします。再入会時、RLがお客様の過去のデータを削除していることがあることを、お客様はあらかじめ了解しているものとします。

10.終了

RL がお客様をして本規約に違反しているとみなした場合には、RLは、たたちにお客様への『ウェブサイト改ざん監視サービス』提供を終了し、お客様のアカウントに格納された情報を削除できるものとします。終了をもって退会されたお客様については、RLは、再入会のお申し込みを拒否できるものとします。

11.許諾範囲

RL は、『ウェブサイト改ざん監視サービス』に含まれるドキュメント、画像、ソフトウェアなど(以下「本コンテンツ」といいます)を、お客様に、非独占的に、譲渡不能なライセンスとして利用を許可します。本規約ならびに「著作権とリンクの扱い」により明確に許諾されたもの以外のすべての権利は、RLに留保されています。

12.制限

RL は、『ウェブサイト改ざん監視サービス』の再販および承認範囲をこえる使用、www.Rainbow-Link.com を「フレーム内表示」すること、Rainbow-Link.com のRL自身のコンテンツを「ミラー」することを禁止します。

13.補償

お客様は、お客様による『ウェブサイト改ざん監視サービス』(本コンテンツを含む)の使用もしくはお客様の本規約違反により、またはこれと関連して発生する請求、費用、損害、損失、義務、出費(弁護士費用を含む)について、RL、代理人に補償をし、損害を生じさせないものとします。

14.非保障事項

RL は、『ウェブサイト改ざん監視サービス』の提供に関し、信頼性、適時性、品質、適合性、真実性、常に使用可能であること、正確性および完全性について一切保証をいたしません。また、次の項目についても、努力はしますが、保障はいたしません。

(1)『ウェブサイト改ざん監視サービス』の使用が安全であり、タイミングよく提供されるものであり、時期にかなっていて、中断されないものであり、他のハードウェアおよびソフトウェアのシステムやデータと互換性があること。

(2)『ウェブサイト改ざん監視サービス』が、お客様の要求ないし要望にかない、希望を満たしていること。

(3)お客様のアカウントに格納されている情報が正確で信頼性があること。

(4)『ウェブサイト改ざん監視サービス』を通して購入もしくは取得された製品、サービス、情報その他の内容の品質がお客様の要求ないし要望に適い、お客様の希望を満たしていること。

(5)エラーまたは欠陥が修正されること。

(6)『ウェブサイト改ざん監視サービス』を提供するサーバーないしLANにウィルス等の有害な要素がないこと。(『ウェブサイト改ざん監視サービス』では、技術的に対応可能な限り有害な要素を排除しております。たとえば、「クッキー不要」かつ「ジャバスクリプト不要」のユーザーインターフェースを開発して利用しております。また、コントロールパネルに入力される情報については、RL独自のコードフィルターを用いて、ウィルスや悪質なコードの書き込みと実行とを排除しております)

15.責任の限定

何らかの請求が発生した場合におけるRLの責任は、当該請求の原因事実発生前の6ヶ月間にお客様が実際にRLに支払った金額を上限とします。RLは、本規約またはこれに基づく義務履行について、なんぴとに対しても、あらゆる種類の間接的損害(逸失利益を含む)、特別の損害、懲罰的損害、結果的損害(逸失利益を含む)について責任を負わず、また、原因の如何を問わず、コンテンツの障害、不正確さ、エラーについて、責任を負いません。

16.お客様からいただいたご連絡事項のうち、「提案事項」の扱いについて

RL は、お客様から、『ウェブサイト改ざん監視サービス』についての提案、アイデア等はいただきません。万一お客様がRLに『ウェブサイト改ざん監視サービス』についての提案、アイディアをご提供くださった場合、RLは、その提案ないしアイディアを無償にて完全にあらゆる権限、権利、権源を所有できるものとします。

17.RLとの「提携」について

RL は、RLの現金をのぞくあらゆる財産(株式を含む)を譲渡ないしは担保とすることを目的ないしは条件とした取引には一切応じません(取引お申し出機関が金融機関である場合を含む)。

18.準拠法

本規約は、日本法に準拠します。お客様とRLとの紛争は、長野地方裁判所松本支部を第一管轄裁判所として解決するものとします。

▲ページの先頭に戻る  本規約に関するお問い合わせ  FAQ